静岡県菊川市のお茶屋さん:お茶の香和里(かおり)

お茶の香和里トップページ
店舗のご案内 お茶について 取扱商品 ご注文方法 特定商取引法 香和里のつれづれ日記 お問合せ サイトマップ
お茶の香和里トップページお茶について・種類>効能
お茶について 種類 入れ方 効能

緑茶のちから

ふだん何気なく飲んでいるお茶も、その昔は「仙薬」などと珍重され、
薬と同じように考えられていた時代があったのです。
お茶には体のためになる素晴らしい成分がいっぱいです。

花粉などのアレルギーでお困りの方へべにふうき がオススメ!

紅富貴(べにふうき)は紅茶用に開発された品種のお茶です。
紅富貴に多く含まれているメチル化カテキンには花粉などによるアレルギー症状を軽くする働きがあります。(やぶ北品種からは検出されません)
紅茶に加工するとメチル化カテキンが失われますので浅く蒸してつくる製法で緑茶にします。
メチル化カテキンは水溶性ですので、急須を用い茶葉を熱湯で淹れて飲むことをおすすめします。

風邪の予防をしましょうふじ がオススメ!

お茶に含まれるビタミンCはレモンの約5倍もあり、体の免疫力を高めますので「中級煎茶」をたっぷりとって予防しましょう。また、茶カテキンには殺菌力もありますので、普段飲んでいる濃さの2〜3倍に薄めたお茶でうがいをして風邪を予防しましょう。他に「わかば」もおすすめしています。

美容と健康の基本です!わかば がオススメ!

緑茶のビタミンCは比較的熱に強く、保存にもすぐれた特性があります。
ビタミンCは美容の点からも肌に弾力性を与え、水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑える働きもあります。他に「ふじ」もおすすめしています。

お通じが不安定な方へかおり がオススメ!

腸内細菌の中にはビフィズス菌のような善玉菌と大腸菌・ウエルシュ菌のような悪玉菌があります。
茶カテキンは悪玉菌に対しては強い殺菌力があり、善玉菌に対してはそれを増やす働きがあります。
他に「みどり」や「なつ茶」もおすすめしています。

力仕事やスポーツの前後にスポーツ前には旬の茶 ・スポーツ後には玄米茶がオススメ!

筋肉刺激剤ともなるカフェインを多く含むのが「上級茶」です。
力仕事やスポーツを始める20〜30分前に飲み、体を動かしている最中でも20〜30分おきに飲むことをおすすめします。又、運動時には通常の10倍以上もビタミンCを必要としますので、お茶は恰好の飲み物です。
スポーツ後は、発汗により水分不足になりますので、「玄米茶」や「ほうじ茶」をたっぷりとりましょう。

二日酔いや眠気覚ましにエコファーマーのお茶 がオススメ!

カフェインは中枢神経を刺激し、脳の働きを活性化します。一番茶の「上級煎茶」を、少し高めの温度の湯でいれますと味は苦渋くなりますが、カフェインは多く浸出されます。他に「走り」や「旬の茶」もおすすめしています。

就寝前や夜間・年配の方・お医者様にかかっている方・お子様にはほうじ茶 がオススメ!

カフェインタンニン(渋味成分)が少ない「番茶」「ほうじ茶」がおすすめです。
就寝の妨げにもなりません。

口臭・虫歯・食中毒予防はみどり がオススメ!

緑茶に含まれているカテキンの中には、虫歯を予防するフッ素や口腔内の細菌の増殖を抑えて口臭を消すフラボノイドなどがあります。
また、病気のもととなる細菌を殺菌する働きもあるので、食中毒予防にも有効です。
他に「かおり」や「なつ茶」もおすすめしています。

認知症の予防にも走り がオススメ!

脳障害はストレスによって脳細胞が死滅し、脳の萎縮や老化を進めたものです。
脳機能に重要な神経伝達物質(セレトニン)を増加させる作用があるのが、「上級茶」に多く含まれているカフェインや茶のうまみ成分であるテアニンです。またテアニンにはリラックス効果もみられます。
1日2杯以上のお茶を飲むようにしましょう。他に「エコファーマーのお茶」や「旬の茶」もおすすめしています。
お茶の香和里トップページ店舗のご案内お茶について取扱商品ご注文方法
特定商取引法・プライバシーポリシー香和里のつれづれ日記お問合せサイトマップ
Copyright(c) 2006 cha-kaori.com. All rights reserved.